南海トラフ地震警戒情報

自ら四国沿岸部へ移住し南海トラフ地震について研究、観測をしています。南海トラフをはじめ、その他の巨大地震などの情報、警告を配信していきます。 ※人的被害を減らすのが目的で、予言などではありません。記事の内容によっては不快に思われたり、不安を煽ってしまうことがありますが自己責任で購読御願いします。

地震発生 南海トラフ上!?大隅半島東方沖でM5.7

昨日29日、21時32分頃、太平洋沖に位置する大隅半島東方沖でマグニチュード5.7を記録する比較的規模の大きな地震が発生しました。

 

震源地の位置がピンポイントで南海トラフにあたるのではないか、と心配される方が多かったのではないでしょうか。

 

以下 Googleマップにて震源地の位置を入力し、現在想定されている南海トラフ震源域を手書きでざっくりと書いたものです。


f:id:designoffice:20170430002616j:image

こうして見てみると震源域からは外れていることがわかります。

しかし南海トラフの軸はこの震源域よりずっと延びていて、その周辺で規模の大きな地震が発生した場合少なくとも影響はあるでしょう。

 

今回の地震で気になるところをあげるとすると、やはり地震の規模を表すマグニチュードが5.7と比較的大きいということですが、深さが50kmと少し深いところで発生したため地表では最大震度3と小規模な地震になりました。

 

そして、この深さ50kmというのも南海トラフの想定深度40kmというのにかなり近く、やはり南海トラフに影響を与えるには十分条件が揃っているのではないでしょうか。

ここが南海トラフ、又は日向灘地震の引き金となる可能性も否定できません。